第13回 大豆畑トラスト運動全国交流集会「豆腐からみえてくるもの」

◆ 第13回 大豆畑トラスト運動全国交流集会 ◆
「豆腐からみえてくるもの」
 私たちにとって身近な食品「豆腐」。表示をみて、原料の大豆が「遺伝子組み換えでない」とか「国産100%」と書かれてあれば安心、と私たちは選んでいます。ところが、表示にはまったく表れない形で遺伝子組み換え作物が使われている可能性があるのです。豆腐からみえてくる、日本のおかしな表示制度について考えます。基調講演は、詩人のアーサー・ビナードさん。豆腐や納豆が大好きだというビナードさんに、大豆について語っていただきます。パネルディスカッションでは、豆腐店店主の大桃伸夫さん、その大桃さんの豆腐を毎日のように食べているビナードさんをまじえ、豆腐作りからみえてくる表示問題について考えます。毎年恒例の全国の大豆トラスト生産地からの昨年の大豆作りについての報告もあります。

いつものように、国産大豆をつかったアイデア料理をご用意してお待ちしています。猛暑の夏に耐えた大豆たちの健気な姿を思い浮かべながら、美味しい料理に舌鼓をうち、交流しましょう。
食事と会場の関係で、事前予約をお願いします。

◆日時: 2011年2月16日(水) 12:00~16:30
◆会場: 三軒茶屋キャロットタワー 4階コミュニティキッチン
(東急田園都市線「三軒茶屋」駅すぐ)
◆参加費: 1000円(資料代、昼食代含む)


<プログラム>
11:30 開場

12:00~13:00 昼食交流会
13:00~13:45 講演『這っても黒豆』 アーサー・ビナードさん
13:45~14:15 現行の表示制度について問題提起 生活クラブ生協
14:25~15:30 パネルディスカッション『にがりってなあに?』
パネリスト:アーサー・ビナードさん、大桃伸夫さん、天笠啓祐さん
15:30~16:30 生産地からの報告
主催:遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン
【問合せ・予約先】 遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン事務局
TEL:03(5155)4756/FAX:03(5155)4767